• Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2019 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会

フリー配布ゲーム

『​幸せな時間』

会話のきっかけをつくるための

とても簡単なカードゲームです。

ポジティブな言葉ばかりが飛び交うので

参加者全員が幸せな気持ちになれます。

5人用のカードが配置された

A4サイズのPDFをダウンロードし、

​厚紙に印刷してお楽しみください。

01_ダウンロードボタン_b.png

プレイ人数:カードがあれば何人でも

所用時間:調整自由

概要

出題者の思い浮かべたイメージが

『いいこと』なのか

『とてもいいこと』なのか

各プレイヤーが当てるゲームです。

フリー配布ゲーム

使用するカード

人数分の「いいこと」と

「とてもいいこと」カード。

勝敗

出題者が選んだカードを当てた人が

勝ちです。

始め方

使用する2枚のカ-ドを全員に配ります。

進め方

出題者になる人を決めます。

出題者に好きなテーマを選んでもらい、

そのテーマに関する出来事を

イメージしてもらいます。

テーマは趣味や好きなことでOKです。
 

さらに、出題者はそのイメージが

「いいこと」に当たるか

「とてもいいこと」に当たるかを考え、

該当するカードを自分の前に

裏向きで置いてください。
 

他の人(=プレイヤー)は質問をして、

そのカードが何かを推理します。

この時、出題者はみんなをだます必要は

ありません。

思ったことをそのまま答えてもらえば

良いのです。
 

プレイヤーは、

出題者が選んだと思われるカードを

自分の手札から表向きに置きます。

終わり方

インタビューが進み、

全員が出題者の選択を予想したら、

出題者が裏向きにしていたカードを

表にして答えをあわせます。

カードを当てた人が勝者です。

出題者を左どなりの人に交代して、

会話を楽しんでください。

​得られる成果と補足

「いいこと」と「わるいこと」を

選択するゲームにすると

出題者は嘘を言わざるをえません。

 

​しかし、「​いいこと」と

「とてもいいこと」であれば

感じたことを素直に発言すればOK。

そして、いいことばかりを考えるので

自然に気持ちがやわらぎます。

また、会話の場全体が

肯定的な言葉で満たされるので

全員が幸せな気分に​なれます。

01_ダウンロードボタン_b.png