一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会は、テーブルゲームを使って「職場から日本を幸せにする」ことを目指している団体です。

 

人は人生の中で、とても多くの時間を職場で過ごします。つまり、職場が楽しいか辛いかは、人生全体の幸福度に大きく影響するわけです。

では、どんな職場だったら人は幸せでしょうか?

 

『人間の悩みのすべては人間関係に起因する』と言われています。当協議会は『仲間意識を育て、幸せな風土をつくる』仕掛けをご提供しています。

活動の思い.png
人狼&人労ゲーム

『人を大切にするビジネスゲーム』の第1弾です。戦う言葉と信じる言葉の違いを体感でき、風土改革の必要性が深く納得できます。

01_ロゴ.png
幸せな時間(フリー)

自然にポジティブな言葉が出てくるカードゲームです。アイスブレイクにも最適。PDFをダウンロードして、自由にお使いいただけます。

02_ロゴのみ.png
再見(フリー)

再会を約束するゲームです。絆を強めるためだけでなく、目標共有や意識統一にも使えます。同じくPDFをダウンロードしてください。

握手.png
研修紹介

現在は『人を大切にするビジネスゲーム』第1弾である『人狼&人労ゲーム』研修をご紹介しています。

イベント情報.png
イベント情報

各地で開催されるセミナーや​講座をご案内します。

日本地図2.png
ファシリテーター紹介

全国を7地域に分け、各ゲームのファシリテーターをご紹介します。​また、研修のご相談・ご依頼窓口です。

地蔵の願いごと

​2020年7月12日

◆◆◆ 理想を実現されるには ◆◆◆

 

シュエイクスピアの『リア王』に『無からは何も生まれない(nothing can be made out of nothing. )』というセリフがあります。

『何も発言しなければ、何も得られない』という場面で使われ、転じて『何もないところから、有限のものは生まれない』教訓として語られます。

 

ただし、この言葉はシェイクスピアのオリジナルではなく、元はギリシャの哲学者・パルメニデスの言説です。パルメニデスは理性主義者で、「本質存在」を提唱した最初の哲学者として知られます。

それこそ、すべてのものには『元』があり、シェイクスピアのセリフも無から生まれたわけではありませんでした。

 

いずれにせよ、『無から有が生じることはない』という指摘は重厚です。

わたしたちは『理想』を空想的なものと思いがちですが、まったく何もないところから理想が生まれることはありません。

必ず、何らかの形で先行する人や集団、場所があるのです。

 

そこをウッカリ『理想は絵空事』と思ってしまうと、到達するのにとてつもない時間がかかります。まさに、『無からは何も生まれない』状態です。

理想を求めたければ、それをすでに実現している人に接するのが早いですね。

理事長が毎日つづる和やかなコラム

「地蔵の願いごと」は、理事長が毎日配信をしている無料メルマガをベースにしています。

ご興味あれば、以下のフォームからご登録ください。

​当サイトに関するお問い合わせは、こちらからお願いします。

​連絡フォーム
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会